イメージ画像

サルコペニア肥満に最も有効なスクワット

サルコペニア肥満を解消するには、三位一体【食事制限、有酸素運動、筋トレ】をバランスよく行うことで、なかでもスクワットで大腰筋を鍛えることが最も有効と言われています。

サルコペニア肥満は、メタボと同じく運動不足と食べ過ぎだけが原因ではない非常にハイリスクな結果を招く肥満なのです。普通の肥満に比べ、糖尿病や動脈硬化などの生活習慣病にかかるリスクが2倍以上も高くなると言われています

内臓脂肪型のメタボとの違いは、加齢だけでなく若年層であっても筋力の低下により肥満体質となったものをサルコペニア肥満と分類しているようです。例え、同じ年齢で同じ体重の人の場合でも、

この投稿の続きを読む »

このページの先頭へ