オオヤマザクラの存在。

新型コロナワクチンが日本に到着して、いよいよ明日から医療従事者4万人先行で接種されることになり、ようやくコロナ対策の切り札が動き出したなあというのが実感です。
私たちが接種されるのはまだ先のことではありますが、高齢者ですから、そう遠くないことでしょう。

とは言え、私はスズメバチによるアナキシラフィーショック持ち。でもショックが出るのは20万分の1の確率だそうですから、問題はないでしょう。ショックが起きたとしてもその時はその時。

この1年、みんないろんな我慢を余儀なくされてきたので、少し風穴があいた感じになりワクチンには期待してます。



サンルームのすぐ前にオオヤマザクラがあります。その枝は、モミの木食堂に来る鳥たちのウエイティングスポット。
朝、目が覚めると、ベッドからいちばんにこの桜の木が目に入り、鳥たちが待っている様子に、さあ、起きなくちゃという気にもなります。
また日中もリビングから真正面に桜の枝にいる鳥が目に入ります。

この桜の木があるところに、アルジはバラを植え、今となったら桜のほうを邪魔扱いして伐採したいと言っており、昨年には、太い枝2本をアルジに切られてしまいました。


私としては先住民の桜の木はここに存在してほしいと願っています。ただ、このオオヤマザクラは葉の色が濃いのと、新芽が茶色というのが弱点。

<オオヤマザクラ関連記事>

桜はソメイヨシノ。

マスクはファッションとなった。

おたがい見て見ぬ振り。

桜のある風景。

 

1歩・2歩・散歩、明日も書こっ、と。

コメント

タイトルとURLをコピーしました