こんなこと、あんなこと

自家製味噌の簡単仕込み。

今まで何人かの友人から自家製味噌をいただきましたが、いずれも市販味噌よりはるかにおいしく、何よりもダシ汁に溶けやすいのが市販味噌との違い。友人によると「簡単」と聞いていたので、よし、今年こそは!と、先日、大豆と米麹を買って準備していました。
こんなこと、あんなこと

カラマツは名役者。

寒い朝。原村へ入るにつれて気温も低くなってるようです。樹々の枝がなんだか変。すると粉雪が舞ってきました。ああ、霧氷だったんだ。光の陰になっていたので、その霧氷は不思議な色合いだったのですが、朝日に当たった霧氷は白く輝いて美しい自然の造形を見せてくれています。
こんなこと、あんなこと

今日の富士山。

家を出ると、意外に空気は冷たく、薄着していた服を着替えに戻ったほど。でも車の中はもちろん暖かすぎて冷房を入れていました。今日の富士山は、こんな感じ。甲府に整備で出していた車を引き取りに行く途中、韮崎でランチ。ネットで探した小さなイタリアンレストランですが、評判通りのおいしさでした。
ガーデンGREEN WALKから

そば屋の庭の桜の木。

ここ2、3日、夜も薪ストーブを焚くほどのこともなく過ごしています。西友へ買い物に行く前に回り道して、お蕎麦がおいしい「傍」でランチ。店内から見える庭に、枝ぶりのいい大きな桜の木が2本ありました。花の開花時にはさぞ見事なことでしょう。
やってくる生きものたち

冬枯れにメジロの巣。

昨年の梅雨の晴れ間、繁ったモクレンの枝を剪定していたところ、びっくりしたメジロがモクレンの木から飛び立つのに気づきました。え~っ?!こんなところでメジロが営巣している!夏、そして秋が過ぎ、モクレンは落葉して季節は冬が過ぎようとしています。今日、そのモクレンを見ると、あの小さなメジロの巣はしっかり枝にくっついていました。
こんなこと、あんなこと

オレオレ総理。I’m sorry

歳をとると上から目線で文句が多くなります。覇気のない菅総理がテレビに出るたびに、アルジは「オレが総理大臣だったら」とよく施策方針をぶち上げています。私も高齢者ですから「私が総理大臣だったらね、・・・」なーんて、まあ同じようなもの。総理大臣の仕事はタイヘンなのに。
こんなこと、あんなこと

山火事は怖い。

山火事は怖い。昨年のオーストラリアやカリフォルニアでの大きな山火事。家々が焼き尽くされていく恐怖、希少動物の焼死にも胸が痛みました。足利市の山火事の映像を見ていると、動物たちはどこへ逃げているのかしらと、つい動物たちのことを案じてしまいます。
こんなこと、あんなこと

100歳をZOOMでお祝い。

アルジの母は明後日3月2日で100歳になります!昨年の「敬老の日」には安倍内閣総理大臣と小池東京都知事から表彰状と、国からは銀杯、東京都から江戸切子の花瓶の記念品が贈られてきていました。銀杯は直径8cmほどで「寿」の文字が刻印されています。
こんなこと、あんなこと

粕漬大好き。

お天気はいいのに、意外に寒い日です。午後の気温は2℃でした。 ウォーキングコースから、富士見高原リゾートスキー場のリフトに乗る人たちが見える所があります。...
八ヶ岳あちこち

ゆるい雪中行軍。

朝から小雪が降っていました。その雪が舞う中、午後いちばんにウォーキングへ行きました。なにもこんな日に・・・。暖かい日はアルジが庭仕事に出たりすればウォーキングに行きたがらないので、ある意味、こんな日こそウォーキング日和かもしれません。
こんなこと、あんなこと

店先に小さなポール・スミザーの世界。

昨日、店先のガーデンで見たクロッカスにいち早い春を感じましたが、今日の寒さにめげず、陽の光をただただ浴びていることでしょう。その庭はランドスケープデザイナーのポール・スミザーさんがデザインしたガーデンで、腐葉土満載のレイズドベッドに、今はまだクロッカスがところどころに咲いているだけでした。
こんなこと、あんなこと

Uターン飛行機雲。

日が長くなった夕方、カラマツ林の上空に2本の飛行機雲が輝いていました。2機の飛行機が同時に飛行機雲を描くのも珍しいなと思っていたら、1機がUターンして飛んでいるものでした。飛行機雲は普通まっすぐスーッと伸びているので、Uターンは珍しいような。
ガーデンGREEN WALKから

今年は早いぞ、スノードロップ。

散歩中に会った近所の方から、スノードロップが咲いていたと聞いたので、うちの庭も咲いているかなと見に行きました。GREEN WALKでは、まだ寒冷紗を覆っていますが、その隙間から所々にスノードロップの白いかわいい花が見えます。やっぱり今年は咲くのが早い。
こんなこと、あんなこと

体にいい暇つぶし。

今日はずいぶん暖かくなりました。暖かいといえども13℃位。歩くのにはちょうどいいほどの気温です。 この分だともう庭へ出られると、アルジはウズウズしていますが、そんなにやすやすと春が来るわけはなく、冬が行ったり来たりを繰り返しながらのこと。
こんなこと、あんなこと

華やかで気難しいのが魅力のミモザ。

春のたよりに、横浜の友人が庭に咲いたミモザを送ってくれました。ミモザは大好きな花。ミモザの黄色の花で、そこら中がパッと明るくなり、なんだか元気が出ます。そうなんだ、もうミモザが咲く頃なんだ・・・でもここ富士見では、気温が低すぎてミモザは育ちません。
こんなこと、あんなこと

車の凍結防止シートは必需品。

軽自動車のフロントガラスを覆った凍結防止シートを取ろうとしたら隙間から雪が少し入って凍り、シートの一部がガラスにくっついて離れません。デフロスターで溶かそうとエンジンをかけ、車の屋根に積もった雪を落としている内にシートは剥がれてくれました。
旅は道連れ

山はあっても山梨県。

車で鉢巻道路を少し走って山梨県になると雪景色はありません。山梨はフルーツ王国。特に桃、ブドウは有名で観光農園も多数あります。「山はあっても山なし県」と言われるように、山梨県は山々が連なっており、清々しい空気の中、遠くにくっきり見える山梨県の山あり風景はかなり絶景でした。
ガーデンGREEN WALKから

オオヤマザクラの存在。

サンルームのすぐ前にオオヤマザクラがあります。その枝は、モミの木食堂に来る鳥たちのウエイティングスポット。朝、目が覚めると、ベッドからいちばんにこの桜の木が目に入り、鳥たちが待っている様子に、さあ、起きなくちゃという気にもなります。
こんなこと、あんなこと

透明性のある空気。

朝から小雨が降っていました。気がつくと雪に変わっていましたが、それも一時的で、また雨に。爆弾低気圧で暴風雪の恐れ、明日からまた寒くなるとのこと。今、東京オリンピック開催準備も爆弾低気圧のまっただ中。オリンピック組織委員会会長人事でまたもや揉めて、世界にエライ恥をさらしています。
やってくる生きものたち

ガビチョウ、お引き取り願おう。

今朝もガビチョウがやってきていました。 このガビチョウ、人がいることはあまり気にしないようです。悪く言えば図々しい鳥。餌台にのって箱をつついていたので、ガラス戸を開けて私が覗くとようやく退散。馴染みがないのもありますが、個人的には可愛いとは思えない鳥です。
タイトルとURLをコピーしました