ガーデンGREEN WALKから

フランシス・E・レスターのバラの実は、ただいま青春色。

今、フランシス・E・レスターは緑の実をつけています。まさに青春の色。緑なりに可愛いので、実がついた枝を少しだけ切って飾ってみました。実だけを見るとドングリのよう。これがだんだんオレンジ色に変わっていきます。
ガーデンGREEN WALKから

冴えない連休、カラミンサに慰められて。

小さな葉っぱに白い小花が可愛いカラミンサ。あまりにも小花なので、今まで切り花には使いませんでした。でも花期が長いからこそ、切ったほうが姿が落ち着くと知り、それならば明日にでも少しばかり切ってみようかな。
八ヶ岳あちこち

アウトドアドッグフェスタ2020 in八ヶ岳

久々に近場のいつものコースをウォーキングしました。先の富士見高原の駐車場は満車。何かイベントがあるのかしらと調べたら、今日明日は富士見高原リゾートで「第6回アウトドアドッグフェスタin八ヶ岳」という国内最大級のイベントが開催されていました。
ガーデンGREEN WALKから

コロンとイングリッシュローズ、ウォラトン・オールド・ホール。

桜貝の思い出に、ほんのりクリーム色の魔法をかけたような色のバラの名は、香り高いイングリッシュローズのウォラトン・オールド・ホール。枝先に今また蕾をたくさんつけ、透き通るほどの花びらは、ほんとうに美しいと思いました。
やってくる生きものたち

ヤマガラさま歓迎、モミの木食堂。

2、3日前、ヤマガラが顔を見せて「モミの木食堂のオープンはまだですか?」と、言いに来たようだったので、新型コロナとは関係ないですが閉店していたバードレストランにヒマワリの種を置くようにしました。それからヤマガラちゃんが入れ代わり立ち代わり、お客さまでやってきます。
こんなこと、あんなこと

1台2役、デッキに置くDIY丸テーブル完成。

デッキに置くDIY丸テーブルがようやく塗装も終えて設置に至りました。直径140cm、中心の80cm天板をはずすと、中に直径80cmのバーベキュー炉が顔を出し、その周りは奥行き30cmの低めの円形カウンターが取り囲みます。
ガーデンGREEN WALKから

1年中、景色がいい、花も実もあるカンボクの木。

今年もカンボクの実が赤く色づいてきました。カンボクの木は、1年を通して風情が楽しめるので、もし庭のどこかにスペースがあって、何か木を植えたいと思っている人がいたら、いちばんにおすすめしたい木です。
ガーデンGREEN WALKから

シュウメイギクの寿命は?

シュウメイギクのピンクはいつの間にか消えてしまい、白だけが所々で咲いています。そして昨年までは大きな株だったのが、なぜだか小さな株になってしまいました。何が原因かわかりませんが植物それぞれに寿命があるのでしょう。
ガーデンGREEN WALKから

ガウラが咲く頃の紫蘇ジュース。

友人が畑で収穫した赤紫蘇ジュースを作ったからと持ってきてくれました。毎年、夏の飲み物として味わっている人も多いようでNHKの「猫のしっぽカエルの手」でベニシアさんも紹介しています。思いがけなく秋の紫蘇ジュースを味わいました。
ガーデンGREEN WALKから

イングリッシュローズ、ザ・ラーク・アセンディング。

ライトアプリコット色のイングリッシュローズ、ザ・ラーク・アセンディングを見るたびに、どうしてこんなに優し気なバラなの?と問いかけたくなります。約20枚程の花びらを持つカップ咲き、手のひらで丸く包んだ印象のバラです。
やってくる生きものたち

ピラミッドアジサイに蜂の巣。

ピラミッドアジサイのライムライトと水無月の白い花が垂れるほど咲いています。 地面に垂れた水無月の花の間に蜂の巣がかかっていました。どうしてこんな所に?それは水無月の特性にありました。
ガーデンGREEN WALKから

見なくていいものを見てしまった件。

階段とブロック敷石の間あたりに見慣れない長いロープのようなものが落ちているのに気がつきました。何色かで編まれた直径2cmほどのナイロンロープのようなものです。見慣れない物が何でこんなとこに?
ガーデンGREEN WALKから

レイズドベッドが来春を占う。

幼い植物たちが、この苗床で冬を過ごす手はずです。寒冷紗の蓋をして寒さ対策はしたつもり。自慢の苗床がうまくその役割を果たしてくれれば、寒さで死んだ宿根草があっても、この苗床出身の苗たちがあれば、春には買わずにすみます。
ガーデンGREEN WALKから

草刈機初体験は虎刈りに終わった。

庭でのガーデニングでは、草刈鎌で根こそぎ雑草を取るのは普通だし、芝生は芝刈り機を使いますが、外回りの雑草は根こそぎ草取りは、大変な労力。危険だからと今まで使ったことがない草刈機を初めて使ったら・・・。
ガーデンGREEN WALKから

アラビアジャスミンと大型犬。

犬の1年は、小型犬で人間の約4年、大型犬は人間の約7年といわれています。大型犬の場合、幼い頃は歳をとるスピードが遅く、成長するにつれて歳をとるスピードは早くなるとのこと。犬の歳のとり方の特長で言えば、私は大型犬です。
ガーデンGREEN WALKから

ブラックミントは、なぜ成長自粛したのか。

ブラックミントの花が咲いています。薄いパープルの花穂でハーブの花らしく素敵。見るのも食するのもミント系が好きなので、葉の茂りようが気になります。昨年までは、葉が相当茂っていたので、バーベキューの際のドリンク、モヒートを作るのにとても重宝しました。
ガーデンGREEN WALKから

細長いラベンダー畑、出現。

寒冷地ではラベンダーは枯れてしまいますが、ラベンダー農家さんから買ってきたのは耐寒性がある種類ということ。ラベンダーは色も素敵で好きですが、やがて木質化して、下のほうが枯れると汚いので、私としてはどうかなと思っていました。
ガーデンGREEN WALKから

秋風に揺れる銅葉サラシナショウマ。

この白い花穂はキンポウゲ科の銅葉サラシナショウマ。比較的新しい品種のようで、カラス葉サラシナショウマ、キミキフガ(キミシフーガ)、アクタエアの別名があります。銅葉のせいか、花の付け根がちょっぴりピンクがかって、かわいい花。耐寒性の宿根草です。
こんなこと、あんなこと

自然を舞台にテナーサックス演奏。

鹿島リゾート、蓼科高原の「チェルトの森」に、友人が親しくしている方の別荘があり、今日は初めて訪ねました。聞いていたとおり、緑が多く、自然環境を生かした広い敷地内の素敵な別荘です。広い窓からそれぞれにいろんな風景が見られます。
ガーデンGREEN WALKから

この指とまれ、赤トンボ。

庭のベンチの肱置きに赤とんぼが止まっていました。アキアカネ? アカネ属にもいろいろあるようですが。横に座ってトンボを触ると飛んで行きましたが、すぐに戻ってきたので手を出すと指に止まりました。何が気に入ってくれたのか、ずっと指に止まったまま。
タイトルとURLをコピーしました