風景

こんなこと、あんなこと

秋の名残りのススキが綺麗。

きらきら、ススキ。ゆらゆら、ススキの穂。今日は暖かく、ウォーキングに程よい冷たさ。どういうことかと言うと、薄手のダウンはなくてもいいくらいで、手袋もいらない暖かさだけれど、顔を包む空気はひんやりいい気持という感じ。
こんなこと、あんなこと

気になる3つ。

風に丸裸にされたような木に出会いました。いかにも冬の気配がする大きな木。枝の末端まで毛細血管が通っているような気になる木。さて我が家のモミの木食堂では、シジュウカラとヤマガラがご来店と喜んでいたのですが、置いているヒマワリの種はあまり減っていない・・・
こんなこと、あんなこと

太陽に負けました。

昨日、今日、薪ストーブを焚くほどでもなく、過ごしやすい日でした。特に昼間、陽射しがリビングに差し込むと部屋はとても暖かくなります。そして高窓から射す光線が直接当たると、とてもじゃないけれど眩しくて、差し込む光を避け、いつも人のほうが移動する羽目に。
八ヶ岳あちこち

美しすぎる紅葉の庭、犬養毅の白林荘。

富士見町は多くの著名人に愛され、富士見高原には、明治期より多くの文人たちが来遊し、この高原を題材とした小説詩歌・俳句などが数多く生まれたほど、実はすごい所なんです。今回、いちばん行きたかったのは5 . 15事件で海軍青年将校らの凶弾に倒れた総理大臣・犬養毅の別荘「白林荘」・・・
ガーデンGREEN WALKから

雑草と絡み合ったワイルドストロベリーは。

庭の冬支度を進めています。 西側斜面のワイルドストロベリー畑は、雑草と絡まっていたため根こそぎ抜いて、雑草を取り除き、ワイルドストロベリーのランナーも切り落として再度植え直したということです。ええっ?全部抜いて植え直した?と、あとで聞いてびっくり・・・
八ヶ岳あちこち

カゴメでイチジクとクルミの甘めのピザ。

イチジクの甘さがあり、さらに好みによってはメープルシロップをかけるイチジクとクルミのピザ。シロップをかけるピザなんてデザート感覚で、それはそれでアリでしょうが、タバスコやオリーブ油に唐辛子を漬け込んだのをかける辛いほうがやっぱり好き
こんなこと、あんなこと

緑から銀色へ、太陽光パネル畑。

隣の県、山梨県は太陽光発電を推進しており、至るところに太陽光パネルを目にします。北杜市では別荘に隣接する土地で突然、パネルを設置されて住民とのトラブルになっている話はよく聞くし、山林が開発されて広大なパネル用地になっているのもよく見かけます
こんなこと、あんなこと

もったいない、逃したシャッターチャンス。

2人の男性が写真を撮っているのも珍しく思え、何を撮っているのかな、と思いながら追い越し、右側を見ると、すごい!さっき見た夕焼とは違って、絵にも描けない、もっと美しい模様の夕焼が南アルプスの上に広がっていました。私が撮影した夕焼どころではない・・・
こんなこと、あんなこと

豊穣の秋景色。

車で走るとあちらこちらで黄金色の稲穂が広がる風景に出会う季節になりました。田植えあとのチョボチョボ苗から夏に向かって緑色の葉が茂り、そして今、黄金色。毎日、変化する様子を見ている訳ではないのであまり気づきませんが、秋が来て黄金色の稲穂を目にすると、まさに豊穣・・・
こんなこと、あんなこと

漫然、漠然、曖昧が自信ある記憶になる流れ。

八ヶ岳南麓に住みながら、今なお八ヶ岳連峰のどれが何という山か曖昧な私。自信もって言えるのは網笠山、赤岳ぐらいで実に恥ずかしい。今日は阿弥陀岳がはっきりわかりました。三井の森蓼科ゴルフ倶楽部のレストランから一緒に回っていた友人が阿弥陀岳を教えてくれて・・・
こんなこと、あんなこと

赤沢森林鉄道トロッコ電車とヒノキ天然林。

いつもは車で出かけるばかりなのが、富士見駅から普通電車に乗って塩尻で乗換。関取・御嶽海の出身地、上松町からバスに乗り換えて、赤沢自然休養林が目的地。ここには平均樹齢300年以上のヒノキ天然林が広がっています。そしてもう1つの目玉は1.1kmを走るトロッコ電車。
こんなこと、あんなこと

燃え上がる雲。

暑い!この2、3日は標高が高いこの富士見高原でも、さすがに日中は暑い日が続いています。夜7時前の空には、まるで暑さで火がついたようにメラメラ、モクモクと入道雲が夕日に燃えていました。今までだと3時過ぎになれば涼しくなるのに・・・
旅は道連れ

コロナ禍で、はるばる出かけた「北國花火2022金沢大会」。

「北國花火2022金沢大会」はコロナ禍で3年ぶりの開催とのこと。運よく会場で協賛者当日売りの椅子席が買えたので、ゆっくり1万2千発の打ち上げを楽しみました。この日は適度な風もあり、蒸し暑さも感じずにすみました。そしてコロナ禍ならではの恩恵も・・・
こんなこと、あんなこと

七夕、結婚記念日は楽ちんご馳走で。

タイミングよく岩牡蠣が昨日たくさん届いていたので焼いてレモンをかけて。生ハムとチーズを並べて。レタスに、庭のハーブ畑から採ったルッコラ、コリアンダー、イタリアンパセリをあしらって。というわけで、焼くだけ、切るだけの手をかけない楽ちんご馳走。
ガーデンGREEN WALKから

圧倒的なレースフラワーの海。

レースフラワーオルレアが庭の南側一帯を占領しています。そうなることを意図したとはいえ、ものすごい量で、まるでレースフラワーの海。小道をふさいでいるレースフラワーを起こしてとりあえず人が通れるようにしますが、それにしても今年のこの量はいったいなんだ?・・
ガーデンGREEN WALKから

色とりどりのバラの小道、ローズウォーク。

デッキ横のローズウォークは細い道の両側に、ルージュピエール ドロンサール、ディープボルドー、ラプソディーインブルー、ジプシーボーイ、ローズうらら、モーティマーサックラー、ホワイトクリスマス他いろんなバラ約40本が開花しだしており、枝をよけながら・・・
ガーデンGREEN WALKから

カッコウとウグイスの美声を聞きながら。

5月の宿根草はぐんぐん成長し、日々、様子が変わっていくような印象です。今はキャットミントが大きな顔をしています。最初に咲いたのは紫、それから白、ピンクは3番目。キャットミントは春早くから咲き、衰えることなく秋まで咲いてくれる息の長い宿根草・・・
ガーデンGREEN WALKから

ごめんなさい、オオヤマザクラ。

新芽が茶色で枯れたみたいとか、やれ花が少ないとか、ヤマザクラなので花と同時に葉っぱが出て開花が美しくないとか、葉っぱの緑が濃くて暗いイメージとか、散々不評を買ったこのオオヤマザクラでしたが、とうとう朝一番に来た植木屋さんによって・・・
こんなこと、あんなこと

諏訪湖畔ウォーキング日和。

五月晴れ。歩くのに絶好の気候です。諏訪湖畔は何年も部分的にどこかが整備中で、歩きづらい所もありましたが、今日は駐車した所から折り返したところまではサイクルロードとジョギングロードが綺麗に整備されて、気持よく歩けました。
こんなこと、あんなこと

ずっしり重い、戦争と平和。

春は一歩後退。また少し寒くなりました。今日は蓼科東急ゴルフコースへ。暖かくなるかなと思っていましたが、風も冷たく、薄手のダウンを着ていました。歩くだけでも気持いい。私にとっては楽しい12,000歩近くのウォーキング・・・
タイトルとURLをコピーしました