こんなこと、あんなこと

安堵の照れ笑い。

いつもの散歩道。雪はずいぶん融けましたが、木々の枝が太陽を遮る所は、硬く踏みしめられた白い道が残っています。滑りそうになってオットットッとなった時、本人も見てるほうも笑ってしまうのは安堵の照れ笑いでしょうか?
こんなこと、あんなこと

箱根駅伝スタート。

正月2日。恒例・箱根駅伝の往路がスタートし、往路は青山学院が優勝しました。亡くなった父が箱根駅伝のファンだったので、おそらく小学生の頃から毎年欠かさずテレビで観てきました。でも我ながら、今年は集中力がなくなったのを感じます
こんなこと、あんなこと

転ばぬ先の杖がわり。

ここへ移住してきた1、2年後、初日の出を見に、近くの創造の森までスキー場のリフトに乗って、かなり寒い夜明け前から見に行きましたが、1回見れば充分。あのころは元気だったねと、今では家から富士山を見て満足しています。
こんなこと、あんなこと

恒例NHK紅白歌合戦、高齢者の見方。

東京オリンピック・パラリンピックがあったのは今年の夏のこと。コロナ禍で、初めての無観客で開催され、テレビで観戦しましたが、なんだかもうずっと前のことのよう。世紀のスポーツ大イベントの記憶が遠くなったのは、印象が薄かったのか、あるいは歳のせいなのか、わかりませんが。
やってくる生きものたち

雪の上に描く物語。

雪の日になるとリスがやってきているのがわかります。モミの木食堂のまわりの無数の足跡を見ると、なんだか大慌てで動き回っているような感じ。実際はどうだったのかな、はたして1匹だけのあとなのかな、ちゃんとお腹いっぱいになってくれたのかななどと想像する雪の朝です。
こんなこと、あんなこと

尾白の湯、サイコー!

久々に白州の「尾白の湯」ベルガへ行きました。この温泉は日本最高級超高濃度温泉で有効成分は凄いです。特に露天風呂は広々としているので、空が広~い。源泉の赤湯と、希釈した湯の2つがあります。近場の温泉の中では泉質だけでなく、この開放感いっぱいの露天風呂は最高気分で、私たちのNo.1温泉。
ガーデンGREEN WALKから

鳥が選ぶおいしい実ベスト10の下位は?

カンボクの木は、若葉が幼虫の餌食になり花が少なかったため、今年は実もあまりつけていません。ヒヨドリが食べることもありますが、あまりおいしくないようで、以前、私もカンボクの実を味見したことがありますが、まずかったので鳥の気持、わかります。
こんなこと、あんなこと

美しい霜柱が横にウヨウヨ。

今日はこの冬いちばんの寒さに感じました。ウォーキングしていると、風はそんなにないのに顔が痛くなるように冷たくなります。あちらこちらに立つ霜柱もいろんなものがあり、崖のところの霜柱は面白い形をしていました。
こんなこと、あんなこと

空から気持ばかりの白いクリスマスプレゼント。

南アルプスに雪雲が薄っすらかかったクリスマスの朝。屋根や庭には薄い絹の布をかけたような雪。気持ばかりの雪ですがどうぞという感じの、空からのクリスマスプレゼントです。芝生が薄っすらと見えるほどなのでホワイトクリスマスとまではいきませんでした。
旅は道連れ

諏訪湖三昧でメリークリスマス。

冬の午後、諏訪湖を歩きました。諏訪湖1周16kmのところ、ほんの4.6km程度。キラキラ光る湖面を眺めながらのウォーキングロード、静かな湖畔に水鳥の鳴き声が時々響き渡ります。
こんなこと、あんなこと

カムカムエブリバディーのロバート=スーパーマン。

戦争に翻弄されながら生きる安子の人生を変えるような出来事の節目節目に、必ずと言っていいほど進駐軍に勤務するロバートの出番がありました。どうして、いつも、ちょうどいい具合にロバートが出現するの?と、偶然すぎる役どころ。
こんなこと、あんなこと

切り株に座って「やあ!」と出迎える庭。

ウォーキングでいつも横を通る別荘の庭に、お人形らしきものが切り株に座っているのに気づきました。近寄ってみると太い枝や細い枝を上手に組み合わせて作った木のお人形です。松ぼっくりの首飾りをしておしゃれ。頭には帽子のように松ぼっくりとイガグリが乗っています。
やってくる生きものたち

鹿の運命、これこれしかじか。

別荘区内の道路脇に1頭の鹿が座っていたので、車の速度を落とすと、側溝に足がはまって動けないのに遭遇しました。お尻の辺りは血で真っ赤になっているので誰かの車にはねられたようです。足を骨折でもしたのか、動きたくても動けない鹿。
こんなこと、あんなこと

クリスマスは森の教会で。

週末のクリスマスを前に、今週はクリスマスウィーク。森の教会・八ヶ岳中央高原キリスト教会では今日の日曜日にクリスマス礼拝とキャンドルサービスが行われました。祭壇は素敵なキャンドルコーディネート。 Merry  Christmas!
やってくる生きものたち

雪の上に残るうれしいリスの訪問。

少し雪が積もった朝を迎えました。雪の上に足跡がいっぱい。来たかな? あるかな?と、探したら、待ってたリスの足跡を見つけました。キジバトの足跡に混じって、確かにリスの足跡。もうずっとリスがやって来ないので気になっていました。
こんなこと、あんなこと

刺繍キャンドルとシュトーレン。

もう半世紀以上も前のクリスマスカードを保存しているなんて、私も物持ちがいいなと思いますが、かれこれ56、7年前に友人からもらったお手製のクリスマスカードは、素敵な刺繍作品だけに、毎年、クリスマスの時期になるとガラスの棚から額を出してリビングに飾ることにしています。
こんなこと、あんなこと

クリスマスイルミネーションのタイマーが故障。

ホームセンターへ行ったら、イルミネーション用のタイマーは売っていない。なぜ?需要がないからでしょうか。12月に入ると都会ではクリスマスデコレーションのはずが、綿半では12月の初めから入口のいちばん目立つ所に、しめ飾りなどお正月用品がずらりと並びます。
やってくる生きものたち

徒労に終わったアカゲラの仕事。

ウォーキング途中の両脇には林が続き、別荘も点々とあります。大きな別荘、こじんまりとした別荘、古い建物や新築間もない建物などいろいろ。その1棟のベランダの木製壁に穴が3個開けられていました。キツツキの仲間アカゲラの仕業です。
こんなこと、あんなこと

風のいたずら?超常現象?

今朝は冷え込みました。デッキに置いているバードバスはしっかり凍っています。鳥ちゃんたちのためにぬるま湯に替えようとしたら、お皿の中の氷の端っこにピュンと立った氷の三角錐。高さ5cm位の小さな氷のピラミッドが出来ていました。
やってくる生きものたち

おっと大丈夫、カワラヒワ。

あ、デッキに鳥が・・・! そっとガラス戸を少し開けても、キョトンとして逃げる気配がありません。ぶつかったのかなと、ガラスを見ると、やっぱり羽毛がひとつ張り付いていました。ぶつかったショックで少しの間、ボーとしてたようです。
タイトルとURLをコピーしました