チェロ

ガーデンGREEN WALKから

ネロさんのチェロコンサート前日。

雨、雨、雨・・・。それはそうです、梅雨だもの。朝、バラを少し切って花瓶に挿そうと、雨に濡れながら庭を歩きました。当然のことながら雨で花は傷んでいるのが多く、そして重なった花びらの中に雨が入り込んでずっしり重い。なんとか傷みのない何本かを切って・・・
ガーデンGREEN WALKから

バラと酒の日々。

昨日はバラが見頃のGREEN WALKへ友人たちが来てくれました。アルジの案内でリニューアル中のフロントガーデンからROSE WALKへ。梅雨時とは言え、幸いにも曇りから晴れ間も覗いてくれました。この日は八ヶ岳中央高原キリスト教会の弦楽四重奏団ユバルが・・・
こんなこと、あんなこと

できないことが増えていくのかも。

梅雨入りしたというのに、今日はカラッと晴れました。昨日までの雨で、残念ながらバラも傷んでいます。シノグロッサムは遠目には満開に見えますが、ピークを過ぎて、種になる準備をしているのもちらほら。いま満開の花たちは、どんどん種へと姿を変えて・・・
こんなこと、あんなこと

「ピアチェーノ」チェロオーケストラ。

チェロアンサンブルはそんなに珍しくはないですが、チェロだけのオーケストラとなると、そんなに多くはありません。チェロオーケストラに憧れている私は、所沢市のチェロ教室「ピアチェーノ」が、毎年チェロオーケストラ発表会を開催するのを・・・
ガーデンGREEN WALKから

クレマチスとチェロオーケストラのこと。

クレマチスのモンタナが満開になりました。プーンとバニラの甘い香りが漂います。植えてからもう12〜3年になるので根元のほうは太い樹になりました。クレマチスは寿命10年とか聞きますが、毎年薄ピンクの花が垂れ下がるように咲きます・・・
こんなこと、あんなこと

東京チェロアンサンブル15th アニバーサリー。

朝の高速バスで東京へ。昨年から楽しみにしていた「東京チェロアンサンブル15th アニバーサリー」が東京オペラシティコンサートホールであります。その前にお昼は西新宿のうどん「甚六」まで歩くことに・・・
ガーデンGREEN WALKから

毎日おはよう、おやすみのチューリップ。

連休後半の昨日は、チェロのレッスンで川崎市まで行きました。中央高速の渋滞を心配し、早めに出発しましたが、上りの車の流れはスムーズ。一方、反対側は案の定、往復共ひどい渋滞でした。早く着いたので川崎の友人宅に寄ってお昼をご馳走になり・・・
こんなこと、あんなこと

HAUSERのジャパンツアー2024

ゴールデンウィーク初日、お昼前から高速バスで東京へ。大好きなチェリスト、ステファン・ハウザーの待ちに待ったコンサートがNHKホールであります。連休の中央高速の渋滞が気になるので、到着時間には充分余裕を持たせていましたが、高速バスは渋滞に会うこともなく・・・
こんなこと、あんなこと

お弁当持ってお花見へ。

さあ、私たちも待ちに待ったお花見です!我が家のあたりや鉢巻道路の桜はまだまだですが、小淵沢のほうへ下りて行くと、ちょうど見頃を迎えていました。3月に伊勢丹の通販で買って冷凍していたお花見弁当のいよいよ出番です・・・
こんなこと、あんなこと

食べるお花見。

今日は原村の八ヶ岳中央高原キリスト教会の弦楽四重奏団ユバルのリーダー宅でランチパーティーがありました。用意してくださったおいしいちらし寿司ほか、みんなが持ち寄った手作りのご馳走で舌鼓・・・
こんなこと、あんなこと

雪道は、鹿の塩なめ場。

昨日は朝から雪が降り出し、どんどん積もっていきました。この日は10時から原村の教会で弦楽四重奏とフルートの合奏練習。なんとか近くまで行きましたが、雪はどんどん降り続き、帰りは帰れるだろうかと心配して・・・
こんなこと、あんなこと

JASRACに、そこまで権限があるのか?

私がチェロを練習しているからと、昨年、友人から「面白いよ」と送ってくれた小説『ラブカは静かに弓を持つ』。安壇美緒著、2023年本屋大賞第2位、第25回大藪春彦賞を受賞しただけあって、ストーリーは面白く、描写もすごく良かった本でした・・・
こんなこと、あんなこと

大丈夫かなあ、日本と私。

3が日が終わって、はたして今年の日本はどうなるのだろうという不安がよぎります。時間が経つにつれ甚大な被害状況が明らかになる能登半島地震。そして今も頻発する地震の恐怖と寒さに、被災された方は震えていることでしょう・・・
こんなこと、あんなこと

クリスマスイブの夜。

12月24日の真夜中には、サンタクロースがトナカイのソリに乗って、やって来ると信じていた子供の頃。両親や姉たちに刷り込まれた光景から、ソリにつけた沢山の鈴がシャンシャンと聴こえてくるのではないかと耳を澄ませながら、不覚にも眠りに落ちて・・・。
こんなこと、あんなこと

共に感じるということ。

時々雪がフワッと、チラチラ舞い、午後3時過ぎで-5℃なので、この冬いちばんの冷え込みみたいです。今日はチェロ演奏家の武井英哉さんのコンサートがありました。原村の医院でのホームコンサートですが、素敵なホールで約30名の人たちが集まり・・・
こんなこと、あんなこと

チェロとピアノのデュオコンサート。

残念ながら都会と違って富士見町には本格的なコンサートホールがありません。なので、大会議室という場になってしまいます。小さな町に大ホールは不要ですが、軽井沢大賀ホールや、せめて八ヶ岳高原音楽堂のような、こだわりのあるコンサートホールがあれば・・・
こんなこと、あんなこと

ススキが泣いている。

朝から小雨。気温も下がっている以上に雨景色は冷たく感じます。一日中雨に濡れたススキの穂が、悲し気にポタポタと涙を落としながら重そうに下を向いています。薪の準備はしていないので、ストーブはまだ・・・。
こんなこと、あんなこと

ソロキャンプで、お疲れモード。

お昼に帰宅すると、ちょうどアルジがソロキャンプから帰ったところで、車から荷物を降ろしていました。荷物がいろいろあるので後片付けも大変です。朝食、昼食をキャンプ場ですませ、べるがの湯で温泉に浸かって帰ってきたので、充実したキャンプライフを送ったはずですが・・・
こんなこと、あんなこと

八ヶ岳チェロリン村お楽しみ会。

秋晴れの今日、原村のスタジオRで八ヶ岳チェロリン村のチェロ発表会がありました。それぞれが、ソロや先生とのデュオで演奏。みんなエチュードやチェロの名曲を弾く中、私だけは異色の選曲。ミュージカCAT'Sから「Memory」を演奏・・・
旅は道連れ

奇跡的に行けた「奇跡のチェロ・アンサンブル」。

軽井沢に行く途中に車が故障し、アルジは仕方ないからもうコンサートは諦めて電車で帰宅しないかと言います。そういうやりとりを聞いていた喫茶店のお客さんが「僕が佐久平まで車で送りますよ、どうせ群馬へ帰る途中ですから」と、天の声にびっくり!
タイトルとURLをコピーしました